「おまんこに入れて!」妹が誘惑してきてうるさいんだが。(CV 菅野あかり様)

「おまんこに入れて!」妹が誘惑してきてうるさいんだが。(CV 菅野あかり様)

■ストーリー■

妹はなぜか分からんが俺の事を愛しているみたいだ。
「お兄ちゃんの子どもを産みたい」が口癖で、なかなかぶっ飛んでいる。
俺がオナニーをしてるのを発見するやいなや、「ズルい!」と騒ぎ出す始末。
妹はM字開脚をしたりして一生懸命セックスアピールをしてくるんだが
毎日毎日妹を犯し続けているとさすがに飽きてくる。
たまにはオナニーがいいと思う日も当然あるのだ。
半泣きになりながら「射精する時だけでいいから、おまんこにちんぽ突っ込んで」と
妹が懇願してくるモンだから、仕方なくイキかけのちんぽをねじこんでやった。
そのまま精子を妹のおまんに流し込む。妹はこんな扱いをされながらも、恍惚な表情を浮かべている。
やっぱり膣内に射精するのは気持ちいいなぁと、ちょっと思った日でもあった。