ドスケベ女達の耳元エロ声誘惑

ドスケベ女達の耳元エロ声誘惑

■作品内容
目を覚ますと、そこは見知らぬ場所だった…。そして隣には…いやらしい女の人が…二人…!
おそらくこの女達…僕の知る【例の物の場所】を吐かせる為に送られてきた、刺客に違いない…。
僕はSランク冒険者…たとえ拷問をされようが、こんな女達に教えることなど何もない…!

???「拷問なんか、するつもりはないわよ…。あなたみたいな子には…拷問なんかより、もっと効果的な方法があるもの…」
???「そう……拷問以外の方法…。例えば……私達があなたに…気持ちいい~ことをしてあげて…私達のとりこにしちゃう…とか……」

???「んふ…こうして私達二人で…甘い言葉を囁き続けるだけで…あなたなんかすぐに…私達の事を好きになっちゃうわよ…。
そうしたらあなたは…私達に従順で…変態なマゾさんに…んふ…なっちゃうのよ……んふふ…」