【バイノーラル・キス】巫女の密着甘々お祓い行為2【耳舐め・フェラ】

【バイノーラル・キス】巫女の密着甘々お祓い行為2【耳舐め・フェラ】

■プロローグ

男は自分が自分でない感覚にずっと悩まされてきた。

いつかは覚えていないが、気をよく失うようになっていた。

しかし目が覚めると物事が全て良い方向に転がっており、何事もすべて万事めでたい都合の良いように終っているのだ。

だがそれは男の元来の性格を考えれば行動や全てがほど遠いものであった。

悪いコトはなにもない、良いこと尽くめ。気を失っている間、男はなぜか行動していたが周囲は誰もそれを気にしていなかった。

男はこのままでいいのか、夢でも見ているのか、自分が自分でないのではないかと恐ろしくなった。

そこで以前霊的なものを除霊したという友人に相談した。そうしたらある神社を紹介された。

そこは山奥でとてもじゃないが人が寄りつきそうもない場所にあった。

男は一縷の望みをかけて神社に足を運んだ。するとそこには巫女さんが1人、箒で境内を掃除していた。

【巫女】
「……お、参拝客とは珍しいね。山奥も山奥のこんな神社に用があるなんて、ただの観光ってワケでもないし……なにか、ワケありってワケね」

【巫女】
「あははー、大正解か。わかるんだよねー、そういうの。モジモジして、なぁーんかバツが悪そうでさー。人に言えない理由があるからここに来たってことでしょ」

【巫女】
「でも残念だね。今日ここにいるのはあたしだけ。神主も他の巫女もあっちこっちに行っちゃっててさ。1人、若くてカワイイ巫女もいたんだけど……ちょっとその子も所用でね」

【巫女】
「ま、そうは言ってもあたしは指折りの専門家だから。あんたに取り憑いてるよくわからんナニカを取っ払ってやるよ。……そのタメにここに来たんでしょ? 違うの?」